DNMと今までの徒手療法との違い

DNM(Dermo Neuro Modulating)は「説明モデル」と言われています。
何を説明しているかというと、世の中の徒手療法は全て神経系から説明することが可能なことを説明しています。

例えば「関節の位置が元通りに戻ったから痛みが楽になった」や「筋膜の歪みが整ったから痛みが楽になった」、「骨盤が矯正されたから痛みが楽になった」といった「組織の状態を変化させた事で状態が変わった」といった考え方はしません。つまり、今まで行われてきた組織ベースの徒手療法とは概念が異なります。

DNMは脳を含めた神経系に変化するきっかけを与える徒手療法です。神経系に変化が起こった、だからこそ、その結果として「痛みが減った」や「体が動かしやすくなった」といった反応が確認できるものとして考えます。また、DNMはサイエンスベース。つまり科学で確かめられている事実に基づいて作られた徒手療法です。
今までの徒手療法に多くみられた根拠の薄い仮説、開発者の意見のみで作られた徒手療法と比べると信頼することができると思います。

あんのん接骨院は京都では初となるDNM JAPAN認定のセラピストがおります。慢性痛にお悩みの方、是非ご利用をご検討下さい。

関連記事

  1. silhouette photography of jump shot of two persons

    痛みに影響する環境

  2. DNIC(広汎性侵害抑制調節:こうはんせいしんがいよくせいち…

  3. あんのん徒手療法室の開業準備をしてきました。(完成!?の巻)…

  4. 強いアプローチ(施術)が効果的とは限らない

  5. 予約受付時間、定休日が変わります。

  6. person touching hand

    皮膚の影響。