姿勢が悪いと痛む?

専門家に身体をみてもらった時、「腰痛になったのは姿勢が悪いから」「腰痛になったのは骨盤が歪んでいたから」と説明されることも少なく無いのではないでしょうか。でも本当にそうだと言い切れるでしょうか。

例えば、痛みがあると体が自然に歪んで痛みがある部分に負担がかからないように制御する機能が働きます。
この体の防御反応を無視して、急に姿勢を正す方向に痛いのにストレッチしたり、トレーニングしたり、試しにやってみるとその後にだいたい悪化します。これは私自身が腰を痛めた時、自分の身体でテストしてみた経験があります。
こういった体からの防御反応に逆らわない事が大切だと思います。症状と同時に出た歪みは歪む事を必要としている状況になるべくしてなっていると考えます。
痛みがあるのに無理に背中を伸ばして歩く必要もないし、痛みのために足が外を向くならそれを我慢して無理に修正する必要は無いように思います。

さて、姿勢を後ろから見た時に「骨盤が歪んでますね」「右肩が下がっています」と言われると、あたかもそれが原因で痛みが発生している気がしますが、実際には「歪んでいるから痛む」というよりも「痛いから歪んでいる」 可能性があります。

なので、痛みや違和感がある時には姿勢の左右差に視点を置いた取り組みよりも、痛みを改善させる積極的な取り組みの方が大切なんじゃないかと考えています。そして実際に痛みや違和感の改善と共にギックリ腰などでみられる側湾が改善したりしますし、肩こりが改善することで肩の位置が変化します。街中で「歪み」と呼ばれるものの正体の多くが身体の防衛反応(逃避反射)のような気がしています。ならば逃避反射を促してしまう副作用を含んだ一時的な改善の方法よりも、やさしいアプローチで逃避反射を減弱させ、効果が長持ちするより安全な方法を選んだ方が良いと思います。

関連記事

  1. 快・不快を測る?

  2. DNM(デルモ・ニューロ・モジュレーティング)を知っています…

  3. DNMと今までの徒手療法との違い

  4. ★鎖骨上神経:さこつじょうしんけい★

  5. ★肩甲背神経:けんこうはいしんけい★

  6. 確証バイアス