DNIC(広汎性侵害抑制調節:こうはんせいしんがいよくせいちょうせつ)

DNIC(ディーニック)(※1)は元からある痛みを新しく痛み刺激を加える事で一時的に軽減させる作用の事を言います。現在、様々な治療法やテクニックがあり、痛みが改善したり身体が軽くなった事を感じますが、DNICによって効果が現れていると予想されるものも多いです。例えば強いマッサージ、刺激的なストレッチなどの後、「あ!すごく良くなってる!!」と極端に痛みが改善するケース等はDNICで説明できます。

※1 DNICは「痛みが痛みを抑制する」現象です。もともとあった手の痛みが手と離れた部位である足の痛み刺激で減弱する現象をさします。1979年フランスのLe Barsらのグループによって初めて報告されました。

これらは効果が一時的なだけでなく、その後問題になる事があります。私達が今まで「体に良い」と思っていたあの「痛い」、もしくは「痛気持ちいい」といった刺激の問題点は例えば・・・。

①皮膚、毛細血管、神経、筋組織などに損傷が起こる可能性。
②強い刺激の施術は体を痛みに敏感な体質にしてしまう可能性。
③脳から鎮痛物質が放出され、痛みが緩和されるが一時的なこと。
④痛みを新たに経験すると防御反応として筋肉の持続的な収縮が起こる。
すると結果的に筋肉が余計に硬くなる可能性。

痛みを伴う施術やセルフケアは長い目でみると体にとってデメリットになる危険があります。

「痛い」という感覚はともかく「痛気持ちいい」刺激でさえ施術やセルフケアをする際の刺激としては大きすぎるのだそうです。神経を興奮させる侵害受容刺激になりうるという事です。
刺激のボリュームを下げる必要があります。
刺激的なマッサージや強烈なストレッチのようにリスクを含む施術の方法に、
現在では少しずつ疑問の声が上がるようになってきています。

あんのん接骨院ではゆるやかなアプローチを施術の中心にしています。
痛みを伴わず快適に、神経系が変化するきっかけを与えるアプローチ。
DNMについてはこちらから。

関連記事

  1. 慢性痛と意欲

  2. woman looking at sea while sitting on beach

    痛い事はしないほうがいい

  3. DNMと今までの徒手療法との違い

  4. 痛みの定義

  5. 痛みは情動にも影響するし、情動は痛みに影響するよ。

  6. 確証バイアス