腰痛の原因となる2つの要素。

この二つの要素が腰痛の原因だと考えられますが、あくまで仮説です。

1、悪い姿勢で座る事・・・背中が丸まり、脊柱が屈曲している。悪い姿勢で座ると腰椎が前に倒れ、椎間板の内圧が高まる。さらに、脊柱の後方にある靭帯にオーバーストレッチが加わる。

2、屈曲の頻度が高い・・・生活において人間は脊柱を屈曲する姿勢が多い。朝起きてから夜、寝床に入るまでほとんど体を伸展させる事がない。

この二つの要素は、脊柱を伸ばし(伸展)にくくする障害を招く事が考えられる。

関連記事

  1. 腰痛の色々な改善ケース

  2. 首が動かしにくい。動かすと痛む。

  3. 労働環境にある腰痛の危険要素

  4. 腰痛の危険要素と考えられているもの。

  5. 慢性腰痛とおしりの神経

  6. 一日の気分を変える朝の体操