腰痛が起こる場所を見てみる

腰痛といっても痛む場所は様々ですね。
今回は脊髄神経後枝(せきずいしんけいこうし)という末梢神経について書いてみようと思います。腰痛を訴えられる方で背骨に沿った痛みなどがある場合に関連を考えたりします。

もともと脊髄神経は脊髄から伸びて背骨の骨と骨の間から出て前と後ろに分かれて伸びていきます。この後ろに伸びていく神経を脊髄神経後枝といいます。

これらは腰だけに分布している訳ではなくて、脊柱に沿って頭からお尻の方まで体の後面に分布しています。体幹の背面にある筋肉に繋がって筋肉を収縮させたり、体幹の背面の皮膚(背中やお尻など)に分布して感覚情報を脊髄や脳に送ったりしています。

神経は圧迫されたり、引っ張られたりして、その刺激が危険と判断すると敏感になるものです(末梢性感作)。また、神経に炎症を発生させます。
ですので、休みの日にゴロゴロずっと寝転んでいたり、ソファーに座りっぱなしになっていた後、背中や腰のコンディションが悪くなるのはなんとなく分かる気がしますね。在宅ワークで同じ姿勢が続いたら少し動いて、身体中に巡らされた神経を滑走させるといいかもしれません。神経に栄養補給と老廃物を捨てるための機会を与えましょう。

関連記事

  1. Hello world!

  2. 快・不快を測る?

  3. 確証バイアス

  4. ★腕神経叢:わんしんけいそう★

  5. faceless person eating hamburger in cafe

    内臓脂肪と慢性炎症

  6. 手を当てると痛みが改善する?