組織損傷の修復プロセス

ケガ(外傷)をすると、組織(靭帯・筋肉・関節包など)が壊されてしまいます。人間の体には修復力があるので、時間とともに組織が修復されていきます。

この修復の順番には3つのステージ(期間)があります。
・炎症期→損傷してから5日目まで。
・修復期→損傷2,3日後から3週間まで。
・リモデリング期→損傷3、4週以降。

ステージに適した対応があります。
・炎症期
損傷を酷くしない。
炎症による浸出液を過剰に出さない。
腫れを抑える。
可動域内運動。等尺性運動。

・修復期
痛みが増強しない範囲でのストレッチや負荷。

・リモデリング
拘縮予防。通常可動域の中で運動。
組織強度や柔軟性を改善させるために
通常の負荷、ストレッチ。

関連記事

  1. 腰痛の色々な改善ケース

  2. 首が動かしにくい。動かすと痛む。

  3. 腰痛予防にコルセットは有用か

  4. 取材の申し込み?

  5. 腰痛の危険要素と考えられているもの。

  6. 一日の気分を変える朝の体操