皮膚(受容器)の影響を考えてみると

「誰もが皮膚の存在を無視していた事は紛れもなく事実です。これはまさに革新であり、感覚野は皮膚を広く反映していることを新たに知るべきなのです」引用:ダイアン・ジェイコブス(サンディエゴのペインサミットにて)

全ての徒手療法は皮膚の上から行っています。ストレッチ、マッサージ、整体…など、必ず皮膚の上に手を置いて操作しているはずです。「これは筋肉に触っています」と言っても、必ず最初に皮膚を触っているはずです。なぜなら体の1番表層にあるのが皮膚だからです。
皮膚は外の環境の情報を脳に送ります。それらの情報を参考に、脳は予測をして「出力信号」を決めています。
「出力信号」とは「痛み」だったり、「血流量」だったり、「筋肉が発揮する力」などが該当します。
つまり、皮膚に与える刺激によって、痛みや血流量や筋力が変わる可能性があるという事です。
そしてその影響は例えば私達セラピストがクライアントの皮膚に触れた瞬間に起こります。
そう考えると皮膚って本当に大切ですよね。

あるセラピストが「これは今、筋膜を伸ばしています」と言います。
しかし、その前に必ず皮膚にアプローチしています。
そして「筋膜を伸ばしたら楽になりましたね」と言います。しかし、その前に皮膚を介して皮神経や末梢神経に作用し神経系全体の状況が変化したその結果として脳からの出力も変化したという可能性は無視することができないと思います。なぜなら皮膚には外の環境を認識するためのセンサーが沢山ついているからです。
ちなみに足底の筋膜を伸ばそうと思うと852キロの垂直荷重と424キロの接線力(斜めに向かう力)が必要なのだそうです。人間が出せる力ではないですよね・・・。例えばこういった事実があるのなら「筋膜が伸びて効果が出た」と考えるより「この結果については何か他の原因があるはずだ」と他の説明モデルを考えるべきだと思いませんか?
今、皮膚に分布する「皮神経」や末梢神経、脳を含めた神経系に注目が集まってきています。
もしかして、ストレッチで「筋肉」が伸びたから、リリースで「筋膜」が緩んだから、ボキッとやって「関節」が正常な場所に整復されたから・・・という理由で今まで「効果」が出ていた訳ではないのかも知れない。

脳を含めた神経系が変化し、変化したことによって脳からの出力(痛み、筋出力、血流など)が変わった。
だから「効果が出た」。そう考える方が妥当な気がします。

ならば「単純に神経系に作用するアプローチをしたら良くない…?」って思いませんか?
皮膚を操作して脳を含む神経系に変化を起こす事が出来ることが本当なら、様々な仮説に惑わされることもなく、シンプルな方法で体の状況を変えられる可能性がある。
痛みも筋力も血流も変わる。感覚が変わる事で体が動かしやすくなる可能性もある。
そんなうまい話があるわけないと思っていたら、ありました。それがDNMという徒手療法です。

DNMはすべてのアプローチの説明モデルです。その意味はすべての徒手療法で行うアプローチの効果を神経系から説明することができるというものです。

あんのん接骨院は京都では初となるDNM JAPAN認定のセラピストがいます。慢性的な痛みでお悩みの方に是非ご利用いただければと思います。

関連記事

  1. silhouette photography of jump shot of two persons

    痛みに影響する環境

  2. Hello world!

  3. 痛みの定義

  4. やっぱり身体を動かすことは大切。ただし・・・。

  5. woman girl silhouette jogger

    脳でもニューロンが毎日誕生しています

  6. センメルヴェイス反射