痛みを解決させるのに必要なもの

痛みを解決するために、すでに自分の脳の中に必要なもの全てを持っていること、それがどのようにはたらくのか、「あなたの脳には、あらゆる種類の必要な薬を作ることができる小さな核がたくさんあります。私達がしなければならないことは正しい方法で刺激する事です。」
引用:デルモニューロモジュレーティング 第2版
セラピスト向けのこの書籍にはこのように書かれています。

脳には痛みに作用する薬が沢山入っています。脳や神経の働きを加味した身体の理解から考えれば、それらが作られて痛みに作用するようにするには患者さんの脳にある薬箱から薬が処方される必要があります。ただ、これはセラピストが患者さんの心臓を直接動かす事が出来ないのと同じように、一方的にできるものでも無いと考えています。実際にそのスイッチを入れるのは患者さん自身で、セラピストはその状況が揃うように手助けをする補助輪の役割だと理解しています。

だとすると、よく広告で見る「必ず痛みは改善します」といったことや「1回で効果が」といった言葉は相手の状況を無視しているし、矛盾した言葉に感じてしまいます。

実は痛みを改善させる要素は既に自分自身の中に揃っているという事実。当然の事なのかもしれませんが、いつもは意識しない事のように思います。

関連記事

  1. ★正中神経:せいちゅうしんけい★

  2. バイオ・サイコ・ソーシャルモデルや息・食・動・想

  3. ★鎖骨上神経:さこつじょうしんけい★

  4. ★腕神経叢:わんしんけいそう★

  5. 慢性痛と意欲

  6. 現状維持バイアス(status quo bias)