痛みは脳からの出力

「慢性痛は急性痛が長引いたものではなく、主として脳回路網の変容に伴って生じる痛みである」と、書籍「慢性痛のサイエンス」の1ページ目に書かれています。

「痛み」は脳からの出力なので、痛みが発生しているその場所に異常が無くても発生することがあります。
痛みは脳が予測しているし、作り出しているし、表現しています。
また痛みを作り出す要因は社会的なもの、心理学的なもの、生物学的なもの、様々な要因を挙げる事ができます。なので、痛みを減らすことのできるチャンスも様々だと考えています。

参考書籍:半場道子/「慢性痛のサイエンス」/医学書院

関連記事

  1. green tree

    カタリスト

  2. 前後即因果の誤謬:ぜんごそくいんがのごびゅう

  3. 京都初のDNM JAPAN認定セラピストに。

  4. 予約受付時間、定休日が変わります。

  5. 取材の申し込み?

  6. 労働環境にある腰痛の危険要素