本を作るという話。

「はい。あんのん接骨院です。」

「〇〇企画の〇〇ですけれど、
院長先生でしょうか?」

「あ、はい!そうです!」

「実は先生の書籍を作らせて
いただきたいと思い、
お電話いたしております。」

「ええっ!?凄い!!私の本って、自伝的な!?なんで私の!?私ですよ!?」

「はい、是非先生の書籍を!
つきましては担当の者に
説明にあがらせていただきたいと
考えておりまして…どうのこうの…
料金などにつきましても…
どうのこうの…」

ああ…なるほど。
はいはい、思い出しましたよ
このパターン…。
めっちゃお金かかるやつや…。
電話切った後に
思い上がってた自分に
気付かされるやつや…。

そして多分、依頼されてる訳でもないんですよ。
先生、先生!言うて
おだててもらってフワフワしてたら
最後めっちゃお金かかるって分かって
びっくりするやつ(笑)

関連記事

  1. 取材の申し込み?

  2. 自分自身の声

  3. 桜の季節ですね^_^

  4. 確証バイアス

  5. 京都初のDNM JAPAN認定セラピストに。

  6. woman girl silhouette jogger

    脳でもニューロンが毎日誕生しています