慢性腰痛とおしりの神経

厚生労働省によると3ヵ月以上痛みが続く慢性腰痛の患者は、全国に約2800万人いるのだそうです。しかもほとんどが原因が特定されない腰痛です。

最近、画像検査では異常が見つからず、原因が特定できない腰痛が臀皮神経(お尻の周囲に分布する神経)の障害で発生する事が分かってきたそうです。

これらの神経(上殿皮神経・中殿皮神経・下臀皮神経)が何かの理由で締め付けられたり、圧迫を受けたりすると、腰痛や下肢の痺れなどが発生することがあります。

関連記事

  1. 痛みの定義

  2. 肩甲上神経:けんこうじょうしんけい

  3. ★正中神経:せいちゅうしんけい★

  4. DNM(デルモ・ニューロ・モジュレーティング)を知っています…

  5. 労働環境にある腰痛の危険要素

  6. 確証バイアス