感覚

感覚受容器(体に備わるセンサー)は全身に分布しています。

感覚受容器からの感覚入力があるからこそ「身体がどういう状況なのか」を私達は知覚しています。

感覚が特に大切だと思うのは感覚の入り方によって脳からの出力も変わる可能性がある所です。
つまり、筋力も、痛みも、血流も変わる可能性があるところ。

「感覚神経は全身のあらゆる場所にありますが、その全てが皮膚上に存在しています」
感覚神経の分布について、ダイアン・ジェイコブス先生がサンディエゴのペインサミットでお話しされた1シーンです。皮膚って大切ですね。動画はDNM JAPANから拝借いたしました。

関連記事

  1. woman looking at sea while sitting on beach

    痛い事はしないほうがいい

  2. silhouette photography of jump shot of two persons

    痛みに影響する環境

  3. 慢性痛と意欲

  4. 現状維持バイアス(status quo bias)

  5. 強いアプローチ(施術)が効果的とは限らない

  6. 前後即因果の誤謬:ぜんごそくいんがのごびゅう