腰椎捻挫(ぎっくり腰)

「床の物を持ち上げたとたん、急に腰に痛みが走って動けなくなった」
「上の物をとろうとした瞬間、違和感を感じたくらいだったのにその後痛みが急速に増して動けなくなった」

割合、些細な動作で起こるのがぎっくり腰の特徴ですが、「ぎっくり腰」は俗語であり、正式には腰椎捻挫(Low back sprain)と呼ぶべきかも知れませんね。

多くの場合は椎間関節という脊柱にある関節の捻挫が原因だといわれています。また他に、椎間板の微細な亀裂、筋筋膜の損傷、仙腸関節のズレなども原因だといわれています。

関連記事

  1. ぎっくり腰が回復してくると

  2. 腰痛の色々な改善ケース

  3. 腰痛予防にコルセットは有用か

  4. 組織損傷の修復プロセス

  5. 一日の気分を変える朝の体操

  6. 腰痛の原因となる2つの要素。