快・不快を測る?

京都の精密機器メーカー島津製作所が人の感情を読み取ることができる装置を開発しました。
1cmほどのシールを頬と眉に貼ることで、筋肉が伝達する信号を計測し、快・不快をどれくらい感じているのか数値で測ることができます。

快や不快といった感覚が痛みや神経のしくみと関連している事を考えると、とても興味深い内容です。患者様が本当にリラックスしたポジションに位置しているのか。施術中には不快を感じていないか・・・。など。
実用化されれば、サービスの質がもっともっと良くなるかもしれません。期待したいですね。

関連記事

  1. おすすめのセルフケア。

  2. 腰痛の原因となる2つの要素。

  3. 腰痛の危険要素と考えられているもの。

  4. 組織損傷の修復プロセス

  5. DNM(デルモ・ニューロ・モジュレーティング)を知っています…

  6. 虫よけスプレーの意外な効果。