★正中神経:せいちゅうしんけい★

正中神経は頸から出た神経が途中で結合したり分かれたりして主に手の掌側、親指側半分の皮膚の感覚や物を握ったり、つまんだり、親指の動きに関連しています。骨折や手根管症候群といった外傷や疾患で障害される可能性があります。
正中神経が障害されると、親指が曲げられなくなったり、親指と他の指を使って物をつまめなくなったり、握力が弱くなってしまったりします。また母指・示指・中指・環指外側半分の掌側の異常な感覚が発生する可能性があります。

ひとりごとメモ
頚神経と胸神経前枝→腕神経叢(鎖骨下部)→正中神経(C5-C8・T1)
皮枝:手掌外側半(母指から環指母指側1/2)の皮膚
筋枝:●円回内筋→起始:(上腕頭)上腕骨内側上顆、(尺骨頭)尺骨鈎状突起/停止:橈骨円回内筋粗面/作用:前腕回内、肘関節屈曲
●橈側手根屈筋→起始:上腕骨内側上顆/停止:第2・3中手骨底/作用:手関節屈曲、手関節外転(橈屈)
●長掌筋→起始:上腕骨の内側上顆/停止:手掌腱膜/作用:手関節屈曲
●方形回内筋→起始:尺骨前面下部/停止:橈骨前面下部/作用:前腕回内
●浅指屈筋→起始:上腕骨の内側上顆(上腕頭)、尺骨の鈎状突起(尺骨頭)、橈骨の上部前面の橈骨粗面の遠位(橈骨頭)/停止:第2~5中節骨の底の側面/作用:第2~5指MP関節屈曲、第2~5指PIP関節屈曲
●深指屈筋(尺骨神経と二重支配)→起始:近位2/3の尺骨前面と近接する前腕骨間膜/停止:第2~5末節骨の底の掌側面/作用:第2~5指DIP関節屈曲/※橈側半は正中神経・尺側半は尺骨神経
●母指対立筋→起始:大菱形骨、屈筋支帯/停止:第1中手骨体橈側縁/作用:母指対立運動
●短母指外転筋→起始:舟状骨、屈筋支帯/停止:母指基節骨底/作用:母指外転
●短母指屈筋→(尺骨神経と二重支配)起始:屈筋支帯(浅頭)、大・小菱形骨・第2中手骨底(深頭)/停止:母指基節骨底/作用:母指MP関節屈曲/※浅頭は正中神経・深頭は尺骨神経
●長母指屈筋→起始:橈骨前面、前腕骨間膜/停止:母指末節骨底/作用:母指MP関節屈曲、母指IP関節屈曲
●虫様筋(尺骨神経と二重支配)→起始:第2~5深指屈筋腱の橈側/停止:第2~5基節骨底橈側縁の指伸筋腱/作用:第2~5指MP関節屈曲・第2~5指IP関節の伸展補助/※第1・2虫様筋は正中神経、第3・4・5虫様筋は尺骨神経

正中神経は第5頚神経~T1胸神経から起こる。腕神経叢の外側神経束(上・中神経幹の前部の枝が合流して作られる)の内側枝および内側神経束(下神経幹の前部の枝)の外側枝が腋窩動脈の前で結合して作られる。上腕動静脈と一緒に内側上腕筋間中隔を下って肘関節の高さまで下りてくる。円回内筋の2頭(上腕頭・尺骨頭)間と浅指屈筋腱弓の下を通って前腕に現れる。さらに深指屈筋・長母指屈筋の間を下り手関節に達し、手根管を通って手掌に至り、掌枝と総掌側指神経とに分かれる。正中神経は、手掌で母指側から3指と2/1指の辺縁と母指球筋(ただし、母指内転筋と短母指屈筋の深頭を除く)ならびに母指側の第1・第2(第3)虫様筋を支配する。

関連記事

  1. 肩甲上神経:けんこうじょうしんけい

  2. バイオ・サイコ・ソーシャルモデルや息・食・動・想

  3. 慢性腰痛とおしりの神経

  4. ★腕神経叢:わんしんけいそう★

  5. 腰痛予防にコルセットは有用か

  6. Hello world!