本文へスキップ

TEL.075-323-0925

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F


腰痛の危険要素

「どうして腰痛になったのかな・・・」

腰痛になった原因は、それぞれ色々な原因があるかも知れませんね。

荷物を持ち上げた時、朝起き上がろうとしたら急に・・・。

ですが腰痛が起こる前、もしかするとこの2つの項目に当てはまる生活をしていませんでしたか?

腰痛の危険要素として考えられている2項目を挙げてみます。



その1 背中を丸めて座る事が多かった
この状態は脊柱が前に倒れている状態です。

座ったまま背中を丸めている状態は、立った状態で身体を前に目いっぱい曲げている
のとあまり変わりません。

また座った状態で身体を前に曲げれば曲げるほど椎間板の内圧は高まります。
さらに、この姿勢をとり続けていると脊柱後面の靭帯にずっと伸張力が加わり続けます。





その2 脊柱を曲げる頻度が多い
人間は朝起きてから、夜眠りにつくまでほとんど脊柱が前に倒れた状態です。
仕事中も、家事をしている間も・・・。

そう言えば背中を反らせる事はほとんど無いですよね。

生活の習慣を修正していくと、腰痛の発生を遠ざける事ができます。

「何とかしなきゃいけないな・・・」
と分かっていても何から始めれば・・・という方。

安穏接骨院では腰痛が再発しないように様々なアイデアを沢山用意してお待ちしております。
あなたに合った腰痛予防の方法を一緒に見つけに来ませんか?


shop info.

あんのん接骨院

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F

075-323-0925


→当院のご案内(地図)