本文へスキップ

TEL.075-323-0925

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F


体を反らした時に腰が痛む




            

体を反らした時に 腰が痛くなる人に 良くあるケース。
誤解を招くと良くありませんので
説明しますと、体を反らした時
に腰が痛くなる症状は当然これから
説明するケースだけではありません。
症状がある方は自己判断をせずに
医療機関を受診して下さいね。

「体を前に倒すのは、まずまず平気だけど
反らしたら明らかに腰が痛む」
という人に良くあるのが
腸腰筋や大腿直筋、大腿筋膜張筋などの
股関節を曲げる時に使う筋肉が
硬くなっている(伸張性低下・筋スパズム)
事です。


なぜ、痛くなるのか。
股関節を曲げる時に使う筋肉が
伸張性低下などにより硬くなると
骨盤が前に傾きます(骨盤の前傾)。
その為、体を反らせる運動を起こした時に、
骨盤が後方に傾きにくくなる事や股関節が
伸びにくくなる事が原因し、腰の関節、骨盤の
真ん中にある仙腸関節などにストレスが加わり
腰痛を起こします。


症状を良くするために。
腰の関節や仙腸関節に
過剰な負荷が加わらないように
骨盤と腰椎がニュートラル(中間位)の
状態にする事が大切だと考えています。
上記の場合だと、
骨盤が前に倒れやすくなっていますので、
下腹を凹ませるようにして
骨盤の後傾運動を促したり、
股関節を曲げる筋肉に伸張性が足りない事
が確認できているのであれば
ストレッチや筋のリラクゼーションを
促したりして症状の改善を図る事が多いです。

shop info.

あんのん接骨院

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F

075-323-0925


→当院のご案内(地図)