本文へスキップ

TEL.075-323-0925

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F


太もも後面の肉離れ (ハムストリングス損傷)






           
どんな時に発生しますか?

陸上競技や運動会で全力で走った時。
サッカーの練習中に方向転換をしようと足を踏ん張った時。
など、
急激に大腿の筋肉に負荷が加わった時に起こりやすい外傷です

どんな症状ですか?
大腿後面ハムストリングスという筋肉が損傷を受けて部分的な断裂、重症例では完全な断裂をしている状態です。
いわゆる
「肉離れ」と呼ばれる外傷です。
痛み腫れ皮下出血が見られたり、患部が凹んでいるものを確認できる事がありますが
重症度によります。
重症度の低いものですと
「違和感と軽い痛みを感じる」程度にしか認知しない場合もあります。
負傷直後から患部に違和感を感じる程度のものから、重度になると負傷した際に「ブチッ」といった
断裂音を感じ、
その直後から強い痛みで足が着けないものまであります。
肉離れは
重症度が分類付けされており、1度から3度の3つに分かれます。
1度わずかな筋肉の損傷2度筋肉の部分的な断裂3度筋肉の完全な断裂を言います。

どんな治療をするの?
負傷したらすぐに炎症や腫れを抑える為にアイシング患部の圧迫と挙上患部の安静が大切です。
「肉離れ」ではしばらく
患部を圧迫しながら固定をします。固定の期間は2から3週間程度(重症のものでは5週から6週間)です。また重症度によっては足に荷重が加わらないように、松葉杖を使用します。
十分に筋肉が動かせるようになるには
4週から6週間(重症のものでは6週から8週間)ほどの期間が必要です。
患部の状況を見ながら軽いストレッチやアイソメトリック運動などを行い、抵抗運動や踏み込み動作の訓練など
少しずつ筋力の強化を図ります。

このページの先頭へ
shop info.

あんのん接骨院

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F

075-323-0925


→当院のご案内(地図)