本文へスキップ

TEL.075-323-0925

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F


打撲・捻挫・肉離れで 悩んでいる方へ。

以下のような症状で 困っておられませんか?

  • 道を歩いていたら、足首をねじってしまった!(足関節捻挫)
  • 運動会で走った後、太ももに痛みが・・・!(大腿部挫傷)
  • 家具にスネをぶつけてしまった!(下腿部打撲)
  • 荷物を持ち上げたら背中に痛みが・・・!(背部挫傷)
              
筋損傷を始めとした 腱・靭帯などの損傷
筋肉(腱・靭帯)の損傷は緊張によって、また不意に加わった荷重、打撲などの直接的に加わる力や運動時の急激な抵抗などが加わった際に損傷を受けます。

筋肉(腱・靭帯)はどんなストレス (外力)で損傷するの?

@伸ばされ過ぎて。(正常な伸張範囲を超えた時)
 実際には筋肉が真っすぐ伸ばされるだけでなく
 捻転力が加わったりしています。(肉ばなれ)

A圧力が加わった。
 打撲など、直接的な力が加わり損傷します。(打撲)

B筋に急激な収縮が起こった。
 重量物を持ち上げた時、ダッシュした時など筋肉の
 急激な収縮により損傷します。

C反復的な機械的ストレスが加わった。
 繰り返しの作業、繰り返しの運動でストレスが加わり
 損傷します。

D持続的に筋肉が緊張状態を強いられた時。
 筋緊張が同じ姿勢で継続された為に損傷します。

E持続的に伸張状態を強いられた時。
 同じ姿勢で筋肉(腱・靭帯)へ継続的に伸張力が加わり続けた為に
 損傷します。(寝違いなど)

F化学物質や熱による影響。
 激しい運動の後や、ケガをした箇所の周辺は炎症に
 よって血中に増加する化学物質の影響により筋損傷
(壊死)が起こります。

などです。

「これくらいでケガするなんて・・・」とお話される方も
損傷時にはもともと体の柔軟性が低下
していたり、疲労していたり、その時の体の
コンディションが大きく関与しています。



損傷したら、元に戻るの・・・?
筋肉に損傷が生じたら、筋肉は再生を始めます。

その過程で活躍する事で知られているのが筋衛星細胞
(筋サテライト細胞)です。
骨格筋の核の約5%はこの筋衛星細胞の核と言われています。

筋衛星細胞は普段は筋線維の表面に引っ付いて
何も活動していないのですが、筋肉が損傷を受けると活性し
細胞分裂を始めます。

この細胞分裂したものがいくつか集まって細胞融合し
多くの細胞核を持つ筋管細胞に分化し、さらにしばらく
育つと収縮能力を持つ筋繊維細胞を形成する段階を経て
筋肉になります。
こうして筋肉は再生し、修復されます。


腱の損傷については損傷後2日目以後に線維芽細胞(せんいがさいぼう)が増殖し始め、この線維芽細胞がコラーゲンを産生しながら腱が損傷した場所の間隙を埋めて行く事が分かっています。
また腱の修復には一定限度の早期の運動が必要だと考えられています。

靭帯の損傷は治るには一定の条件が必要だと言われています。
@靭帯が連続性を保っているか、血行のよい組織でおおわれていること。
A修復中の靭帯の長軸方向に適度な圧迫が加わる事。
B修復中の靭帯そのものを損傷するような強大な外力から守られていること。
これらの条件が整うと、治癒の方向へ向かうとされています。

損傷後、身体の治癒力が働き、約2ヵ月後にはコラーゲンの配列の乱れや細胞数が多い点などがあるものの正常に近い状態にまで修復されると言われています。

上記のように条件はあるものの、
どれも体に備わる治癒力で修復する事が可能です。

’’施術’’はその治癒力をできる限り発揮できるように考えています。


当院での施術
筋肉をはじめとした組織の再生が促進されるように、また再生した後は瘢痕組織が機能障害の元とならないようにしています。

損傷直後には固定材料による関節の固定や、損傷部位の圧迫などを行い、損傷した組織がなるべく早く回復するための電気治療(マイクロカレント療法)・アイシングなどを施します。

固定・安静が必要な期間が終わると、瘢痕組織のリモデリングを促進させるように手技療法・温熱療法を加えて行きます。
またご自身でできるセルフケアなどの指導を行い、競技や日常生活への復帰をお手伝いしています。

当院では「無理をしなくても体が動かせるように」を
心がけています。

当院では「痛み」「動きにくさ」に着目し、
これらの問題を早期に取り除く事で
結果的にからだの体液循環をスムーズにし
早期の改善につなげています。

捻挫や肉離れなど、元はと言えば
柔軟性が無くなってしまった筋肉や
体の歪み、関節のコンディションなどが
根底で関わっています。

症状の直接的な「ケガ」に対して早期に
回復できるように取り組むことももちろんですが、
ケガが回復したのち、スムーズに日常を送る事が
出来たり、スポーツに潜在能力を活かせられるように、
「ケガ」を加味した上で全身の問題を
解決するようにしています。

今のあなたの症状、あんのん接骨院で解消しませんか?


参考文献
・柔道整復学理論編(改訂第4版)南江堂 全国柔道整復学校協会・教科書委員会
・メディカル免疫学 西村書店 ロアット・ロブンソン・デルヴィス 
・スポーツアイシング 大修館書店 山本利春・吉永考徳






shop info.

あんのん接骨院

〒615-0052
京都市右京区西院清水町32 2F

075-323-0925


→当院のご案内(地図)